英語を話す癖を頭の中で

英語が堪能になるためには、ヒアリング力を養うことが、良く紹介されます。

洋画を英語バージョンで聞か流すことも、レッスン法の1つですし、スマホに英語のコンテンツをダウンロードしておき、通勤電車の中で聴くことも効果的です。

しかし、いざ英語で話しかけようにも言葉が出てこないことも少なくありません。

それは英語表現ををマスターできていないことがあるからです。

日本語の文法とは異なる英語のセンテンス。

これをいとも容易く話せる人は、頭の中で、日本語を英語に変換するステップがないとも言われることがあります。

英語で話したいセンテンスが、頭の中ですぐに出来上がっているからだということです。目の前に外国人がいた時に、すぐに話すことが出来ないことは、英語で話すことに慣れていないこともあるのかもしれません。

したがって、すぐに英語が自分の口から出てくるようにするためには、頭の中で英語でどのように表現するかを繰り返し練習することが必要です。

時間をかけずに空いている時間を使って、英語で考え事をすることもレッスン法です。

子供達の英語教育とは?