文法のことはひとまず忘れてみる

英語ができる人は、文法についての知識をしっかり持っているので、できるだけ正確な英語を話そうとしてしまい、細かい文法のことが引っかかって会話がスムーズに進まなくなってしまうことがあります。しかし、いざ英会話となると会話の内容が教科書通りになることはなく、会話の流れがどうなるかは話をしなければわからないことです。もし、スムーズに正確な英語を話したくてもそれがなかなかできないのであれば、時制やその他の文法のことを一旦脇に置いて、思い立った単語を羅列するぐらいの気持ちで話をするように意識してみると、質より量の会話を楽しむことができます。頭で考える前に英語が口をついて出ることが習慣になれば、文法などは後から少しずつついてくるようになり、いつのまにか英会話力がアップしていることに気づくでしょう。相手は、自分が思うほどに正確な文法での会話を望んでいるのではなく、会話そのものを楽しみたいと思っているかもしれないので、小さな間違いは一切気にせず、まずは英語を口に出していくということを意識していきましょう。

フィリピンへの短期留学ならこちらから

グンと英語力が上がるマンツーマンレッスンとは?