とにかく英語を聞く!話す!読む!が大切だと思います。

私が学生時代(中学・高校)に実践した英語の学習方法をご紹介致します。

<中学生時代>

 テレビの英会話学習番組を毎日のように見ました。それほどレベルの高いものではありませんでしたが、あまりレベルは関係ありません。むしろ難しいと続きません。とにかく英語を耳から入れるのが大切だと思い、繰り返し見ました。テキストの予習・復習も欠かさず行いました。テキストの予習をしておくと、あらかじめどんな会話がなされるのかが分かるので、テレビの内容が頭に残りやすかったです。

 また、中学校の英語の教科書を何度も何度も音読し、暗記しました。ちょうど仲の良い友達が英語部に所属していたので、2人で暗記した教科書の内容を話しながら下校したりもしました(周りから見ると変な人だったかもしれません…)。

 以上の方法で、中学生時代は特にテスト勉強をしなくても、常にテストでだいたい100点を取れていました。

<高校生時代>

 中学生時代と同様に耳から英語を入れる勉強を続けましたが、それに加えて積極的に長文を読むようにしました。受験勉強用に英単語帳も購入しましたが、ただ単語が並んでいるだけのものではなく、長文を読みながらその中の単語を覚える、というものを購入しました。その結果、英文を見たときにそれを頭の中で和訳するのではなく、英文を英文のまま理解することができるようになりました。

英語の苦手は人は、”英文を読む→和訳する→理解する”というステップを踏みますが、英語の得意な人は”英文を読む→そのまま理解する”という風に1ステップ少なく理解できるため、長文を難なく読めるのだと思います。私もおかげで、センター試験の英語レベルはスラスラ読めるようになりました。

以上が私の英語の勉強法です。

私はとにかく英語を声に出して読んで、聞いて、長文を読む!を繰り返しました。

英語の勉強は、一長一短でできるものではありません。根気よく、コツコツ進めることが大切です。1度の挫折だけで諦めず、続けてみてください。

少しでも参考になれば幸いです。

フィリピン留学の格安情報ならセブ留学メディア

心の童話
初値予想
オーディオ
ショッピングカート

工務店向け集客ノウハウ
JALカード

童話
英語上達の秘訣

マッサージのリアル口コミ.com
クレジットカードの即日発行じゃけん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です